プロフィール

化粧惑星

Author:化粧惑星
Clapton is God

当ページはリンクフリーです!ここにたどり着いた方、どんどんリンクして下さい!して下さるなら連絡してくれると嬉しいッす☆

最近の記事

最近のコメント

♪BGM

©Plug-in by PRSU

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

富松

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

病気だからこそ…
17歳にして小児ガン(ユーイング肉腫)との闘病生活や思ったこと、感じた事、その日にあったことなどをUPしていきたいと思います!!いわゆる闘病日記です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Fear…  No More
実は週末、俺が聖路加時代からがんセンターに入院時期は多少ずれているけど、一緒に病気と戦っていた子が亡くなりました。 

親同士も仲良くしていて、彼の親やお姉さんにもとてもお世話になり、この訃報にはいままでにないショックでした。 


彼は正直言うと、なかなか俺の苦手というか仲良くなりたくても、どんな話をしていいかわからなく、そんなもどかしさがずっとありました。
だけど、とても素直な子で真面目で、彼が「川がすき、川にうつった空もすき」と書いてあり、まわりにはキレイな川や森、楽しそうな人たちが描かれているポスターが全国1位(確か)に選ばれるなど、才能に溢れてる子でした。 


いままでいろんな「死」に出会いましたが、彼は色々な意味で特別な「死」でした。 






それは彼の病名が、「ユーイング肉腫」


そう、俺と同じだからです。 

彼と俺は聖路加で同じほぼ治療をしました。ICEというかなり辛い抗がん剤治療も受けましたし、自家末梢血幹細胞移植も辛い副作用に耐えて乗り越えました。


彼が大部屋から個室に移ってからいつも部屋のそばを通るたびに、どうしてるかなぁと気にしていました。 
けどどうしても俺には部屋の扉をノックする勇気がなかった… 

今考えると情けない。行っても何かできる訳でもないのに… けど顔を見て一言、「頑張れ」と言えたら何かが変わってたかもしれない。 

彼が天に昇ったことを知ったその晩、いろんなことをベットの上で考えた。 
 
もちろん彼のこと。人の命の儚さ。 

見えないものに体を侵されている恐怖、いつくるかわからない死に対する恐怖、そしてどんな苦痛に見舞われるかの恐怖
 
彼はきっと考えていただろう。俺も実際に考えたこともあるし、辛い治療で本当に死を覚悟したこともある。
そんなことを考えているうちに、俺は泣いていた。何もできない、ただ後悔している自分が情けなくて泣いていた。そして今、ブログを書きながら半泣き俺がいる。



けれど決して「死」=恐怖ではなく、考えかた次第では「死」=解放であるかもしれない。 

なぜなら、俺は彼の最後の顔を見ることができなかったが、彼の顔はとても安らかだったらしい。 

そのことを考えると、死後の世界はとても自由で幸せなものだと心から願う! 
東京の夜景の上に広がる天の上から彼はきっと見守っている。



正直俺も解放されたい。見えないものに束縛されるのは精神的に疲れる。 
けど決して俺はまだあきらめない。ここで事切れたたら後悔だけが残る。
皮肉な話、誰かが亡くなるたびにその人のぶんまで生きようと心に決める。俺を強くする。ここで死んだら先に旅立ったみんなに申し訳ない。


俺は最後まで生き抜きます。そういう思いがあるから… 


けど、一つだけ覚えておいて欲しい。俺の病気「ユーイング肉腫」は難しい病気。 


ここまでなんとか来ている俺も、このままずっと入院してると、いつかは限界がくるということを…  





Y君、君は十分戦ったと思う。苦しむ必要はないよ。 
いつか違った形で、この世のどこかで、元気な姿で会おう! 




そのときにはきっと、君と仲良くなれるはず!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ジャクジョウさんが言ってたよ。
亡くなった人は絶対こっちの世界に戻ってくる事はないって事は、あっちの世界はとても居心地がいいに違いないって。
あっちの世界は美味しいものが食べれて
好きな事ができて、だから誰もがやさしくて
とても楽しいって。
時々大好きだった人に会いにも行けるって。
こんなに楽しいところなのに
なんで、みんな悲しんでるのかな…って。

残された人たちにとっては、会えないのは
とても悲しいけど、
亡くなる事は悲しい事ではないって。

素敵な場所で、また、大好きだった人たちに
会えるのを待ってるって。

人はみんな必ずあっちの世界に行くのだから
そんなに怖くないかも…
【2006/12/09 00:38】 URL | ミーナ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/09 16:18】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takemeawayfromhere.blog69.fc2.com/tb.php/145-5458c773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。