プロフィール

化粧惑星

Author:化粧惑星
Clapton is God

当ページはリンクフリーです!ここにたどり着いた方、どんどんリンクして下さい!して下さるなら連絡してくれると嬉しいッす☆

最近の記事

最近のコメント

♪BGM

©Plug-in by PRSU

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

富松

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

病気だからこそ…
17歳にして小児ガン(ユーイング肉腫)との闘病生活や思ったこと、感じた事、その日にあったことなどをUPしていきたいと思います!!いわゆる闘病日記です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日見事に
昨日見事に世界仰天ニュースの白血病の子の特集をみて泣きました。                 
5分で泣きました。昔の俺だったら絶対に泣かなかったけど、その八歳の女の子の境遇が俺ととても似ててもうボロクソ泣きました。幸い個室だったから泣いたのはばれてないかな?              

その子も俺も再発で、再発となると治癒する確率がぐっと下がるんだよな。              

八歳ながらとても明るく逆にみんなを励まし、十歳も年下なのに本当に尊敬しました。                     

俺もここのところ色々辛くて精神的に不安定だったけど、その子に励まされました! こんなことじゃいけないんだと。

結局彼女は亡くなってしまいましたが、俺は一生忘れないと思います。彼女の遺灰からダイヤモンドを作り、彼女の家族がしてるらしいのですが、彼女の存在じたいがダイヤモンドだと思います。見ず知らずの俺にとってもそうです。 


だから本当に自分から命を捨てるバカものたちに、彼女の苦労や思いを半分でも理解してほしい。そして捨てる命なら俺たちにくれと叫びたい。



ふと思ったんだけど、俺もドラマになりそうな生き方を十分してる気がする… 
本でも書こうかな笑 

けど文才ないし… 誰か代わりに執筆してくれ!
スポンサーサイト
生き方!
大前春子の生き方はどうですか?という質問がありましたのでお答えします(*゚△゚)b  



実はかなり憧れています。



意外ですか?笑 




別にハケンに興味がある訳ではなく、ハケンが終わった3ヶ月間、色んな国に行ってることが憧れてるなぁ( ゚Д゚)ゞ 



俺は狭い日本にずっと住むつもりはないなッ! 


世界の色んな国々を見て回りたい! 


それも観光地じゃなくで、それぞれの国々のありのままの姿、例えばどうでもいい住宅街やその国を思わせる雰囲気を持つところを見て回りたい。


俺をその気にさせたのは、中学生時代に見た、モンゴルの大草原での夕日の写真です。

あの景色の一部になりたい、まだケツの青い若かりし俺はそう思ったのです。 

サラリーマンになって型にハマる生活よりも、大前春子の型にはまらない破天荒な生き方の方が断然憧れます( ゚Д゚)ゞ  

英語も話せるようになりたいし!


こんなこと話すの初めてだな!  




Where I belong to
この前、高校のみんなからのDVDを見ました!










ちきしょう、泣かせやがって笑


この場をお借りしてお礼申し上げます。

東京に来ておよそ二年、東京の生活もそんな悪くないです。知り合いも増えたし、なんと言っても都会!行きたいところにはすぐ行けるし、遊ぶところも沢山ある。もうこうなったら東京にずっと居ようかなとか思っちゃったりとかします。 


しかしながらこうやって、みんなからの励ましのDVDを見ると、俺の居場所は東京じゃなくて 





俺を支えてくれる仲間がいる青森。






しみじみとそう思います。


1月は本当に危うい時期だったんだよ。落ち込むとけまで落ち込んだし、ブログに打ち明かそうと思ったけど、弱音は吐かないと決めていたし、「大袈裟だな、あいつ」とか思われるのも嫌だったし、行き場のない感情がぶつかりあい、心のなかでの葛藤が凄かったな。




だけど、やはり皆様からの励ましが一番の自分の生きる活力になります! 




だから本当にありがとうございます。






俺の目標としては青森に帰って例え短くとも、高校生活に戻ること。 



そのあと自分がどうなろうと、残りの高校生活を無事に終えることができるならばそれでいいと本当に思います。(どうなってもいいわけじゃないけど。どっちやねん笑)





多分25日あたり青森に帰ります。そのときは皆様よろしくね☆ヽ(▽⌒*)





幼稚園の存在価値
今日は訳あって昔かよってた幼稚園に数年ぶりに顔を出しました! 



幼稚園の先生は園長先生除いてみんな変わってしまった。 



が、 



幼稚園に到着して、知らない保母さんに「園長先生いらっしゃいますか?」と訪ねると… 


「もしかして大ちゃん(遥か大昔こう呼ばれていました)?」 


どこかでお会いしたかなぁと思いつつ「はい」と返事をしました。 

なぜ知ってるかというと、園長先生がよく俺の話をしていたらしい… 

というのも俺は遥か大昔、幼稚園開園以来類を見ない一流のワルガキだったらしく、園長先生も手を焼いていたそうで笑 

そのため若かりし頃の俺はよく、園長先生の部屋に隔離されていたらしい(ノω・`) 

けれどそのうち「ワルガキほどかわいい」みたいな感じで愛着が湧いたらしく、可愛がってもらったそうです。

だから今、園長先生が俺と似た子がいると「大ちゃんはあぁだったんだよ、こうだったんだよ」な感じを先生方にしょっちゅう話されていたそうです。

キリスト教の幼稚園なので、よく俺の病気が早くよくなるようにとお祈りまでしてくださっているようです。

じーんとくるものがあります。

 
それで今日は幼稚園なかにも入りました。 

何にも変わってなかったです。

細かいところはやはり違いますが、雰囲気、香り、その他のいろんなものは変わらない。 

よくあの滑り台の上から全裸で積み木を人に向かってなげてたなぁ(殺人未遂?)とか。


なぜだかわからないけどホッとする。 


ただ変わったものが一つ、あんなに高く感じた天井が低く感じる(これは変わったというのか)

扉の上に頭がぶつかる(俺がデカイだけか?)



キリスト教の幼稚園だけにいろんな聖歌を歌いました。 

だからクリスマスに色んなところからクリスマスソングが聞こえてくると必ず幼稚園を思いだします。ノスタルジックな気分に浸ります。

幼稚園からの友達も沢山います。なぜだかみんなバスケ部に入り、そのせいか今でもそいつらとは仲がいいです。


幼稚園は昔のことでも、今の自分に大きな存在になっているんだと改めて感じさせられた今日1日でした。

あぁ~、明日高校に行こう!
人生
自分が病気にならずに普通どおりに学校にいって、普通に生活している自分 

そして二年近く闘病してきた今の自分 

どっちが幸せなんだろ~とふと考えた。 

それは今わからないかな?
きっともっと自分の人生を深く考えれる年になったらわかるだろう。 

けど今ひとつ言えることは、不幸は幸福に変えるものだということかな? 

今は辛くても後々振り返ったときにいい経験になったと思える日がいつかきっとくると信じてます。 




関係ないんですが、最近知ったんだけどあまり俺のブログを見て欲しくない人までに知りわたってるような…

親戚とか親とかのには絶対見せたくないです。 自分の正直な気持ちをブログに書いているので…

友達とか自分から教えたひととかならいいんだけど(ノω・`)

沢山の人に見てもらいたいってのはあります。矛盾してるけど↓


ブログの存亡問題になってくるかもしれない…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。